要望一覧

よりよいサービスのため情報提供をお待ちしております。

管理番号 確認日 更新日 内容  
T3WL-20170927A 2017/9/26   利用の手引き:4.2.3「ジョブスクリプトの記述例シングルジョブ/GPUジョブ」のバッチスクリプト例にて、moduleコマンドの初期化スクリプトが
「. /etc/profile.d/modules.」
と記述されていて
「./etc/profile.d/modules.sh」の最後の「sh」が抜けている
修正します。
T3WL-20170926A 2017/8/1 2017/9/27 ポータル:アクセスカードのアカウントが承認されない。アクセスカードの利用申請手順をわかりやすくしてほしい アクセスカードは受け入れする方がいれば誰にでもを発行できてしまい安価&安易な利用の逃げ道になる可能性があるので、審査をするための書類提出が必要です。詳しくはこちら
T3WL-20170829B 2017/8/28   アプリ:LAMMPSにMISCパッケージを入れて欲しい GPU以外のパッケージは今のところど運用予定なし。
T3WL-20170829A 2017/8/29   利用の手引き:スクリプト周りはコピペしたら動くような書き方をしてほしい。(例えばコメントはスクリプト上でもコメントと解釈されるような書き方に)  
T3WL-20170824B 2017/8/24   ポータル:届くメールの内容が不親切である。 問題であると認識しておりますが、開発元でまだ手が回っておりません。
T3WL-20170824A 2017/8/24   ポータル:名前の日本語、英語どちらかが無い状態でも適切に表示できるように。  
T3WL-20170822B 2017/8/22   利用の手引き:課金周りのマニュアルを早く用意してください。 開発元に催促しています。
T3WL-20170822A 2017/8/22   バッチキュー:qrshコマンドによるインタラクティブ利用を使いやすくして欲しい。ノードがどれだけ空いているのかも分からないので空いている時間も分からないし、混雑時には全く使えない。  
T3WL-20170807F 2017/8/4   バッチキュー:qstatの様な資源の使用状況を確認するインターフェースが欲しい 早急に準備します。
T3WL-20170807E 2017/8/5 2017/8/8 計算機:GROMACSでT3標準(Ver5系)より古い(Ver 4.6.7)を利用したい GROMACSの5系と4系と大きく違うため導入を検討します。
T3WL-20170807D 2017/8/7   ストレージ:t2quota -g に相当するディスク使用量を簡単に表示できるコマンドが欲しい。  
T3WL-20170807C 2017/8/7   計算機:SVNを使いたい。  
T3WL-20170807B 2017/8/5 2017/8/8 計算機:Gitを使いたい。 22,80ポートで利用が可能になりました。
T3WL-20170807A 2017/8/5   ポータル:1年生が「類」の選択をできるようにする。  
T3WL-20170802E 2017/8/2 2017/8/24 ポータル:パスワードの入力ルールに従っていない場合に、入力ルールに従うようにとエラーメッセージが表示されるが、入力ルールが分からない。 (8/24)TSUBAME3.0(本体)利用の手引きに載っているが不親切なので修正を開発元に依頼中
T3WL-20170802D 2017/8/1   利用の手引き:qsub, qstat のオプションについて、もっと書いて欲しい。  
T3WL-20170802B 2017/8/1   利用の手引き:「4.2.7.ジョブの投入」では、グループを示す -g オプションは、「スクリプトの中ではなくqsubコマンドオプションとしてつけてください」とあるが、「4.2.5.ジョブスクリプトの記述例MPI並列」の「SGI MPI環境」ではスクリプト内に記述されている。  
T3WL-20170802A 2017/8/1 2017/8/24 利用の手引き:英語版のマニュアルがない。 準備中です
(8/24)掲載されました。ポータルの手引きはまだ準備中です。

解決済み

管理番号 確認日 更新日 内容  
T3WL-20170927C 2017/9/26 - アプリ:python3を利用したい。 以下のモジュールを読み込んでください。
module load python-extension/3.4
既に2.7のモジュールを読み込んでいる場合はmodule purgeしてください。
T3WL-20170927B 2017/9/26 - バッチキュー:依存ジョブ(特定のジョブが終わったら開始したい。実行順序をつけたい)を投げたい。 例:TESTという名称のジョブが終了次第、TEST2という名称のジョブを実行する
$ qsub -N TEST job1.sh
$ qsub -N TEST2 -hold_jid TEST job2.sh
T3WL-20170802C 2017/8/1 2017/8/17 利用の手引き:「5.2. Fluent」において、「module load fluent/R18.1」というコマンドがあるが、 fluent というモジュールはないので、おそらく ansys/R18.1 の typo と思われる。 $ module load ansys/R18.1 の間違いです。修正します。
(8.17)修正完了
T3WL-20170818A 2017/8/18 2017/8/18 アプリ:Schrodingerのmoduleをロードしたらutilitiesにもパスを通してほしい 通す様修正しました。