ChemOffice / ChemDraw

東工大で契約しているChemOffice / ChemDrawの利用方法です。

利用している研究室・教員には利用料金を負担していただいています。東工大に所属する学生は付随するライセンスにより、個人用のPCへのインストールが可能です。


お知らせ

new 2019.11.22  バージョン19のリリースに伴い16以前の利用が廃止される見込みのため、バージョン17以降の配布を開始します。

new 2019.11.15  バージョン19がリリースされました。

2019.4.1  有効期限が2020年3月31日まで延長されております。My Downloadsで有効期限が切れている場合には、My site subscriptionから再度ダウンロードすると新しくシリアルが発行されます。

2018.4.9   現在もバージョン17はポータルサイトにおいて他の利用ユーザのメールアドレス情報などが見えてしまう問題があるため、公開を見合わせています。

2018.4.2  有効期限は2019年3月31日まで更新されております。

2018.3.30  ライセンスの有効期限の更新について確認を行っています。ご迷惑をかけしますがしばらくお待ちください。

2017.11.16  バージョン17がリリースされています。東工大への提供は準備中です。バージョン17からライセンス形態が大きく変更されます。新バージョン提供後は旧バージョンの新規利用ができなくなると予想されます。


利用について

バージョン17以降の配布を正式に開始いたします。

ChemOffice 17.0以降のインストール手順をご覧ください。

バージョン17以降ではSite(Lab) Serialは提供されません。1台ずつインストール後にファイルアップロードによるアクティベーションを行ってください。

 

既存のバージョンの配布はこちらをご覧ください。
ChemOffice 16以前