ChemOffice / ChemDraw

東工大で契約しているChemOffice / ChemDrawの利用方法です。

利用している研究室・教員には利用料金を負担していただいています。東工大に所属する学生は付随するライセンスにより、個人用のPCへのインストールが可能です。


お知らせ

new 2020.11.19  バージョン20がリリースされました。Chem Office ProfessionalはChemOffice+ Cloudに名称が変更されました。これに伴いバージョン16の提供が終了します。現在利用中のバージョン16以前のライセンスは2021/03/31まで利用可能ですがそれ以降の利用はできなくなります。バージョン17以降をご利用ください。

2019.11.22  バージョン19のリリースに伴い16以前の利用が廃止される見込みのため、バージョン17以降の配布を開始します。

2019.11.15  バージョン19がリリースされました。

2019.4.1  有効期限が2020年3月31日まで延長されております。My Downloadsで有効期限が切れている場合には、My site subscriptionから再度ダウンロードすると新しくシリアルが発行されます。

2018.4.9   現在もバージョン17はポータルサイトにおいて他の利用ユーザのメールアドレス情報などが見えてしまう問題があるため、公開を見合わせています。

2018.4.2  有効期限は2019年3月31日まで更新されております。

2018.3.30  ライセンスの有効期限の更新について確認を行っています。ご迷惑をかけしますがしばらくお待ちください。

2017.11.16  バージョン17がリリースされています。東工大への提供は準備中です。バージョン17からライセンス形態が大きく変更されます。新バージョン提供後は旧バージョンの新規利用ができなくなると予想されます。


利用について

バージョン17以降の配布を正式に開始いたします。

ChemOffice 17.0以降のインストール手順をご覧ください。

バージョン17以降ではSite(Lab) Serialは提供されません。1台ずつインストール後にファイルアップロードによるアクティベーションを行ってください。

 

既存のバージョンの配布はこちらをご覧ください。2021/03/31をもって利用できなくなります。
ChemOffice 16以前

 

利用できる方

東工大に所属する学生及び教職員

Perkinelmer社のライセンス管理サイトにアカウント登録が必要で、アカウント登録には東工大の全学メールアドレスでの登録が必須となります。

 

利用料金

学生からは徴収しておりません。

教員に対しては部局ごとに利用者のいる研究室等に毎年の契約金額に基づいた分担金を請求いたします。
部局に調査票を送付して研究室での利用の有無と所属する教職員の人数を調査いたします。
以前は研究室の数で単純に頭割りしていましたが、近年は研究者が多く所属する研究ユニットや大規模な研究室も存在するため、公平性を保つために研究室等に所属する教職員の人数が5ごとに1単位追加(5人以下は1単位、6-10人の場合は2単位)として負担をお願いしています。