MATLABの配布について

MATLABのCampus-Wideライセンスについて

2015年3月よりMathWorks社とMATLABのTAH(Total Academic Headcount)ライセンスを締結しました。2020年よりCampus-Wide Full Suite Licenseに更新され、全学生および教職員が学内で無制限にMATLABおよびToolboxを利用することができます。学生および教職員用のIndividualライセンスは個人のPCおよび大学予算で購入した研究室等のPCに台数制限なしにインストールして利用することが可能です。

お知らせ

2021.03.17 MATLAB R2021aが提供開始されました。
2020.10.09 MATLAB R2020bが提供開始されました。学内向けライセンスサーバを更新しました。
2020.04.03 MATLAB R2020aが提供開始されました。学内向けライセンスサーバを更新しました。ほぼすべてのToolboxが利用可能になりました。自己学習コースが利用可能になりました。MATLAB Onlineが利用可能になりました。
2019.04.26 既にご利用中の教職員向けCampusライセンスの廃止とIndividualライセンスへの移行のお願い。こちらの手順通りに移行をお願いします。5月末でCampusライセンスでの利用はできなくなります。
2019.04.26 学内向けのライセンスサーバを更新し、R2019aに対応しました。
2019.04.04 東工大向けMATLABポータルの案内。
2018.12.06 Individualライセンスの認証方法が変更になります。アクティベーションキーが不要となり、メールアドレスに年1回の認証メールが届くようになります。また、教職員についてもIndividualライセンスをご利用いただくことになります。詳細については逐次更新いたします。

過去のお知らせはこちら

注意事項

本契約は学内での研究及び教育目的でのみ利用が認められているものであり、企業等の営利機関との共同研究や受託研究に利用することはできません。その場合には別途商用のMATLABライセンスを購入して利用してください。大学等学術機関や非営利機関との共同研究や受託研究である場合、研究の本学担当分に利用することは可能です。

卒業、退職する際には利用する権利を失いますので、インストールされたMATLABのアンインストールをお願いします。

学内配布するライセンスはIndividualライセンスのみとなります。

利用できる機能、Toolbox

MATLAB TAHライセンスで利用可能な製品について

機能詳細(学内のみ)

推奨パッケージについて(教育革新センター)
 ほぼ全ての製品を利用可能ですが、全てのパッケージをインストールする場合、30GB以上の容量があるためインストールに時間がかかり、ディスク領域を圧迫することになります。そのため、分野ごとの推奨するパッケージを案内しています。

手続き方法

利用にはMathWorksアカウントの取得および製品のアクティベーションが必要になります。手続きは以下をご覧ください。

学生・教職員用Individualライセンス(旧Studentライセンス)

旧教職員用Campusライセンス

ライセンスサーバの参照

ダウンロードおよびインストール方法(共通)

MathWorksのサイトに詳細なマニュアル、Q&Aが用意されているので、ネットワーク環境やOSに応じた適切なものを参照してインストールを行ってください。生じたトラブルについてGSICでは対応いたしません。

ダウンロード

 MathWorks License Centerにログインしてインストーラをダウンロードしてください。

 http://jp.mathworks.com/downloads/web_downloads/select_release ("My MathWorks"へのログインが必要です)

 ダウンロードに関するQ&Aもご覧ください。

インストール

 ダウンロードしたインストーラを実行してインストールしてください。途中でMathWorksのアカウントでログインする必要がありますので、予め上記の手続き方法を確認してMathWorksのアカウントを作成してください。

 インストールガイドはこちら

 インストーラを起動するとMathWorksのアカウントでログインする必要があり、契約で利用できるToolbox一覧からインストールするものを選択し、ダウンロードしてからインストールすることになります。ネットワークに接続していないPCの場合にはここで事前アクティベーションで取得したInstallation keyを入力します。契約で利用可能な50製品全てをインストールする場合、ダウンロードするファイルサイズもインストールされる容量も非常に大きい(Windows版R2014bではおよそ10GB)ため、ダウンロードおよびインストールには非常に時間がかかるので注意してください。MATLAB単体のみを選択した場合では1GB程度です。

 学内ネットワークに接続してオンラインインストールするときにインストール中にネットワーク接続エラーが発生する場合にはインストーラ上の接続設定からProxyを設定する必要があります。

 インストール完了後にもアクティベーションの作業でMathWorksのアカウントでログインする必要があります。ネットワークに接続していないPCの場合には事前アクティベーションで取得したlicense.licファイルを登録する必要があります。

 

ユーザサポート

GSICでは個別のサポートを行いません。MathWorks社で用意されているドキュメント等をご覧ください。技術サポートに関してはMathWorks社のカスタマーサービスサポートで対応いたします。一部サービスの利用にはMathWorksのアカウントでのログインが必要になります。

東工大向けMATLABポータルサイト

東工大の利用者向けに開発元の用意したポータルサイトが公開されました。
https://jp.mathworks.com/academia/tah-portal/tokyo-institute-of-technology-1070812.html

こちらのページで入手から利用まで総合的なサポートを受けられますので、こちらもご参照ください。
ユーザ向けのMATLAB入門、チュートリアル、ビデオ、インタラクティブ型など多数のユーザ向けオンライン教材や教員向けの授業のための教材が公開されています(一部英語のものがあります)。
個別のユーザサポート窓口も用意されております。不明な点はこちらからお問い合わせください。

 

MATLABオフィスアワー(教育革新センター)

 MATLAB TAがMATLABに関する相談に対応いたします。

 https://www.citl.titech.ac.jp/matlab_officehour/

 

 

FAQ

Q. MATLABを学外で利用することはできますか。
A. Disignated ComputerおよびStudentのライセンスについては学外で利用することができます。海外については3ヶ月未満であれば利用可能ですが、国によっては輸出規制法の対象となる場合があるので自己責任でご確認ください。ネットワークライセンスについては学外からの参照ができないため、利用できません。

Q. 起動すると「MATLAB ライセンスの有効期限はあと xx 日で終了します。」とメッセージが表示されますが、何か手続きが必要でしょうか。
A. 1年契約のため、各年度末が近付くと表示されるようになりますが、次年度の契約がされライセンスが更新されると表示されなくなりますのでそのままご利用ください。個別アクティベーションをしているPCでは定期的にライセンスを確認するので自動的に更新されるはずですが、ネットワークに接続していない等で手動アクティベーションが必要になることがあります。その場合は手順に従いアクティベーションを行ってください。
http://jp.mathworks.com/help/install/ug/activate-an-installation.html

Q. 学生用ライセンスのアクティベーションキーを教えて下さい。
A. アクティベーションキーは不要になりました。今後はメールによる認証となります。

Q. 所属の変更に伴いメールアドレスが変更になりました、新たにアカウントを取得する必要がありますか。
A. 登録済みのメールアドレスでMathWorksアカウントにログインし、「プロファイルの編集」でメールアドレスを変更してください。titech.ac.jpドメインのメールアドレス以外では全学ライセンスは利用できなくなります。Individualライセンスはm.titech.ac.jp以外では利用できないため、変更はできません。m.titech.ac.jp以外のメールアドレスを登録している場合には変更の必要があります。

Q. MATLABのアドオンマネージャからToolboxの追加インストールをしようとすると「制限されたダウンロードアクセス」のエラーメッセージが出てインストールができない。
A. バグによるもので、発生した場合にはMATLABのインストーラから該当Toolboxにチェックを入れて追加インストールをしてください。その際は以下に注意してください。
http://www.mathworks.com/matlabcentral/answers/103468 
 ■ ツールボックスは、インストールされているMATLABのリリースと一致する必要があります。例: MATLAB R2017b へMATLAB R2018aのためのツールボックスをインストールすることはできません。
 ■ [インストールフォルダの指定]では、既存のMATLABインストールディレクトリを指定してください。
 ■ [インストールするプロダクトの指定]では、追加するオプション製品のみ選択してください。

Q. TAHライセンスに含まれていないToolboxを利用したい。
A. Toolboxのみのライセンスを購入してTAHライセンスと連携して利用することができます。追加のToolboxの購入、ライセンスの結合についてはMathWorks社のサポートにご相談ください。